乾燥した畑

3日まで晴天続き、畑が乾燥し土埃が立ち始めていました。
気温も低く3日の最低気温は-5℃、わずかに残ったほうれん草や大根が凍っています。
軽トラの窓には、氷の結晶ができていました。
20170205shimo.jpg

今日5日日曜日、久しぶりに雨が降りました。明日は、トラクターで鶏糞をすきこみます。

冬の作業

ほぼ野菜の収穫が終わり、畑の管理整備を始めました。

11月に降った雪のため、傾いたブルーベリーの柱の修復から手を付けました。
20170114bbyuki.jpg

網の破損もありますが、柱は修復できました。
20170114bbhasira.jpg
収穫可能な本数も50本を超えました。
この冬は思い切った選定をして枝の更新を目指しました。粒の数は減るものの、大きな実が収穫できるのを楽しみにしています。また、晩生種の収穫が増えるよう、春先の挿し木の用意もしました。

14日から大寒波が予想され、北陸や東北、北海道の大雪が報道されていますが、13日現在、当方は、神奈川最高の丹沢山系蛭ケ岳(1,673m)は、ご覧の様子です。明日明後日には、真っ白になるかもしれません。
20170114hirugatake.jpg

今年も終了

2016年今年も、農作業の終了時期になりました。
気温の上がり下がりの過激さ、日照時間の少なさなど今年は、作物の成育に厳しい年でした。
現在成長を待つ玉ねぎ、ソラマメ、エンドウ、ごぼう、セロリなど、来年の成育と収穫を期待して、今年の作業収めをします。
29日の今日は、寒さが戻り、紫白菜は氷の衣を身にまとったようでした。

20161229mhakusai.jpg

氷の世界

昨日の最低気温は-1.5℃、氷が張り(今季3度目)霜柱もたっていました。
2016121010koori.jpg

寒さには強い私も、霜と霜柱は苦手、太陽が上がり気温の上昇とともに、足を踏み入れた畑はぬかるみ状態、作物の収穫に四苦八苦します。
こまつなやチンゲン菜など凍った状態で触るとぽろぽろ崩れてしまいます。気温が上がり、解凍状態を待つ羽目になります。
イタリヤ野菜のプンタレラやザーサイ、レタスは、零下が続くと、凍みて回復不能になってしまします。

雲一つない暖かな快晴

毎週土曜日、農作業を休みにしています。
今日は、雲一つない青空、自宅のツタの紅葉と青色の可憐なミントの花の水滴と、蜜を吸いに来たミツバチに見とれていました。

20161112kouyou.jpg

20161112suiteki2.jpg

20161112suiteki3.jpg

20161112suiteki1.jpg
プロフィール

nautaro

Author:nautaro
何よりも健康が一番
無農薬栽培野菜がよりどころ
神奈川の津久井より四季をお届けします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
farmカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR